スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

$ゲーム 2nd season 勝手に草案

関西に来たから無責任ですよー

■参加資格
・チーム戦含むAA大会優勝者
・関東在住

■進行形式
予選リーグで決勝進出者2名を決定
▼予選リーグ
参加者を2つのリーグに分け、1機制5本先取
▼決勝戦
各予選リーグ優勝者2名による3機制10本先取
▼その他ルール
対戦会で参加者同士が会ったら『絶対に』試合を行う


これでさくっと1ヶ月くらいで終わるんじゃないかと妄想中。
1st seasonの反省を踏まえて、確実に優勝者を決められる形式を考えてみました。
どんな形式にしろ僕も出たかったです…

これとは別にコンセプトマッチもどんどんやったらいいと思う!
やっぱりガチったら上手くなるから!関西でも何かやりたい。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先に、結果残している人はすごいし僕は足元にも及ばないと言っておきます。
チーム戦の入賞者は除外したほうがいいと思います。

No title

$ゲーム参加者が、数年に1人くらいしか増えない、
もしくは減っていくような状況は避けたいと思っています。

逆に、誰もが参加できる可能性があって、中堅勢の
モチベーションになるような状況がつくれるなら、
それが一番$ゲームをやる意義もあるのではないかと。

それでも、自分が$ゲームにふさわしくないと考えるなら、
僕は残念に思いますけど辞退することもできます。

No title

>逆に、誰もが参加できる可能性があって、中堅勢の
>モチベーションになるような状況がつくれるなら、
>それが一番$ゲームをやる意義もあるのではないかと。

個人的には誰もが参加できる可能性はあってほしくないイメージがあります。
だからシングル戦大会の優勝、準優勝の実績をもってから参加してほしいなと思っています。

団体戦では戦わないで優勝してしまう可能性もありますので、参加に相応しい実力を計りづらいので除外の対象かなと思った次第です。

No title

そこは意見の相違ですね。
あくまで草案で、僕がこうした方が面白いと思っているだけで、実際にこうなるかは分からないですが。

チーム戦優勝者にも参加してほしいと思っている理由を挙げます。
1.アナザーエイジが先細りしていくのは避けたい
ドルゲームが盛り上がり、かつ、中堅勢が参加したいと思ってもらえるものにしたい。
2.以前の大会より今後の大会の方がレベルが高い
AAが煮詰まってきているため。現役ドルゲーマーでさえ今後個人戦で1回も優勝できない可能性があります。
3.上級者とガチることで成長してほしい
参加時点では上級者とレベルの差があったとしても、多くの対戦をすることで、成長する機会を得られると思います。

こんなところです。納得してもらう必要はないです。えのきさんがチーム戦優勝者が相応しくないと考える理由も何となく分かります。
ただ僕は、今のアナザーエイジには新しい力が必要だと思っていて、ドルゲームがそれを取り込むシステムになればいいな、と考えています。
プロフィール

二等兵

Author:二等兵

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。