スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左盾でガードできる距離と弾速の関係

犀川さんの説が正しそうだったので検証してみました。
パンツマンさんの説もほぼ正解でした。

犀川さんの説はこちら。

>・弾の前後の長さは全武器共通距離7
>・盾の厚みは距離1
>で、ACは1秒が60フレームなので弾速700距離/Fを越えると弾が非連続になる、ということだと思います。
>弾は実線で飛んでるんじゃなく、破線で飛んでるイメージ。
>至近距離で謎なのは、弾の発射位置が武器によって違うためだと思います。
>誰か弾速700以下の武器を試してください。たぶん100%ガードすると思います。

ということで、
弾速600のバズと弾速700のマシを使って検証してみたところ
どちらの武器も全ての距離でガードできました。
※弾速700~800の武器にもガード不可距離があることから盾の厚さは0ではないかと思います。

ところで弾速の数値って100フレームで弾が進む距離を表していたんですね。
・・・知りませんでした;

これが分かればあとは簡単な式でワープ距離とガード成功確率を出すことができますね!

(弾速-700)/100=1フレームごとに弾がワープする距離
700/弾速×100=ガード成功確率(%)

例えば111の場合(弾速920)
(920-700)/100=2.2
700/920×100≒76(%)
のようになります。

すごくスッキリしましたw
犀川さんパンツマンさんありがとうございましたm(_ _)m

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二等兵

Author:二等兵

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。