スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

111RT対ppkRT(モノクロもあるよ!)

111RT対策メモ。

■111RTの張り付きを拒否する方法(主にppk/M15単装RTを想定)
①ガン引き
 最安定。ただし上から攻めてくる111RTに対して攻撃を当てるのは難しい。
②交差
 ある程度距離を詰められた場合に有効。強制的にサイトを外すことが狙い。
 相手に対して真っ直ぐ交差を狙うのは、反動や読まれた場合のリスクが高いので
 相手の斜め上方に抜ける(高度をずらす)と比較的安全。股くぐりも交差の一種。
③飛んでごまかす
 ある程度距離を詰められた場合に有効。基本的に交差と併用。
 近距離で相手を見失った時にも有効。
④OB
 基本的に111相手には使いづらい。使うなら張り付かれる前。
 ルークコアRTだとさらにリスクが加速する。
⑤その他
 サイトが広い。熱や反動がある。1発が大きい。
 上を多く満たす武器であれば張り付きにリスクを負わせやすい。
 反動OPの有無。

もっとあると思いますが、僕が知っているのはこれくらい。

セラピー
中距離最強の機体。ただし張り付きを拒否する強い行動が①しかない。
②は旋回OPを切っているため、先に再補足されやすくリスキー。
一応③もなくはないけどENがしんどい。また、反動OPがないのもつらい。
ガン引きできるMAP、空が使えないMAPでは111RTに対しても強い。

・・・と思う。使ったことないので分かりません。セラピーも使い込んでみたい。

滞空セラピー
111RTに勝てないなら本家セラピーでOKってことになると思います。
なので他キャラを考慮しつつ111RTに強い要素を詰め込んだのがこのアセン。
モノクロフレームの方が強い可能性もあるので今後検証。

このアセンで111RTと戦う場合、相手にとって近接距離が一番安全なので
滞空セラピー側は張り付き拒否に5分間を費やすことになりそう。

モノクローム
滞空セラピーより硬いくて手武器も張り付きに強いため111RTに対しては楽。

ただしモノクロの場合は111RTに対して有利な距離がない。
(M15の必中距離は、111の熱と反動がつらくて有利にはならない)
しかも早い(相手の弾に余裕がある)時点でAP逆転されると詰む。
そのかわりAPリードを守る手段は豊富。

ちなみにモノクロくらい速くてENが豊富でも、マジガワラ系相手に上から攻めるのはかなりリスキー。
ミサに巻からながら111で攻め込まれることになりやすいため(一番危険で避けたいシチュ)。
飛ぶとしたら、相手が上から降りてきているときに上下入れ替わるように飛ぶのが一番安全で狙い目。
滞空セラピーの場合も同様に、基本地上で戦うことになると予想。
<追記>
と思ったけどモノクロ対策が分かってるマジガワラはミサ1発で111連携とかダメ取りを狙ってくるので
簡単に上を取らせるのはよくないようです。
一番リスキーなのはマジガワラに上を取られ、ミサ1発から111連携を狙われることでした。
OBミサ突撃からの111もきついですが、これも上に飛べば連携を拒否しやすいはずです。
なのでむしろ積極的に上から死角を狙い、その拒否のためにデュアルを撃ってもらった方が楽。
そういうデュアルは1発では111連携ができないし、もしデュアルを撃たなかったとすると
モノクロ側はローリスクで死角取りを狙いにいけます。


滞空セラピーで111RTを打開できるなら全キャラにMAP総合で
5分以上をつけられる可能性も見えてくるのですごく期待しています。

>&AsC7Oco001kdg10#
>滞空できるセラピー
>火力は落ちたけどきちんと当てられるだけの機動力があるからいけるんじゃないの理論
>デコイを載せたら間違いがなくなりそうです
よく見たらつるさんが一番最初に組んでた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

二等兵

Author:二等兵

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。