スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2つの抑止力

現在のAA対戦において重要な2つの抑止力。

グレタン→他のタンク
RT→タンク

■抑止力の(ここでの)意味
『AがBの抑止力である』場合を考えます。

・BはAを除く全てのキャラに5分以上のダイヤを保有
・Aには不利(微不利でもまあ)
・Aは一級アセン

こんな感じです。分かってください!
Aがいなければ、好み以外にBを選ばない理由はないはずです。

■グレタン→他のタンク
これが一番重要な抑止力です。
今の環境でグレタンがいなくなるとAAのキャラ選択はかなり狭くなると思います。
グレタンが他のタンクよりきついタンク以外のキャラって大阪城くらい?

グレタンだって大体全キャラに5分以上ですが、なんと言っても簡単ではないです。
その点、軽チェイン、リニアはお手軽なんですね。

対タンク全般きつくても、グレならワンチャンって機体は結構いるはずです。
このためタンク対決においてグレタンが頭1つ抜けて強いことには重要な意味があります。

先日の関東MRMでD1S1+EX盾併用禁止レギュが初めて試されましたが、
このレギュだとグレタンと他のタンクのキャラ差を縮めてしまいます。

あえて抑止力が今より弱まるレギュを使用する意義はないと思うので、
言いだしっぺに近い僕が言うのもアレですが、僕は反対です!

むしろグレタン以外のタンク+EX盾併用禁止でいいよ。
そう思えるくらいに、軽チェイン、リニアはキャラを殺します。

■RT→タンク
こっちは僕の主観というか願望というか。

グレタンが他のタンクを押さえても、結局タンクがド安定なのは変わりません。
そしてタンク全体に対する抑止力がなければアセンの循環はおこりません。

現状、RTがタンクの抑止力になっているかというと、そんなになってないです。
それでもタンク出しとけば安定っていうゲームよりは、色んなキャラが一級アセンで
選択肢が広いゲームの方が楽しい。

2012年を振り返れば分かってもらえると思うけど、やっぱりタンクは強いです。
誰かが止めないとって時に一番可能性があるのがRTかなー、って思ってます。

■まとめ
グレタンとミドルエイジが大正義。

【中堅勢向け】アーマードコア上達のために

今回は中堅勢の人向けです。

対戦会ではアドバイスできないことをまとめてみました。
読んで少しでも考えてもらえたら嬉しいです。

■人のアドバイスを鵜呑みにしない
この記事を含め。
アドバイスをもらったら、まず試すなり、考えるなりして
自分に合っているかどうかテストしてみてください。

少し試してなんとなく良さそうなら続ける、
合わなさそうならやめる、くらいでもいいと思います。

■サイティング技術の向上
アーマードコアで一番重要な技術はサイティングだと思います。
中堅勢と上位勢で最も差が顕著な部分でもあります。

上手くなりたいけど何を練習すればいいか分からない人は、
とりあえずサイティング練習をしたらいいと思います。

■弱点をなくす
誰でも長所・短所があると思いますが、短所が弱点になったらダメです。
弱点というのは『そこを突かれたら試合に勝てない所』くらいの意味です。

例えば、対空サイティング、ミサ対処、Eスナ対処(RT)などが多いと思います。
自分に弱点があると感じるなら、まずはそこを練習しましょう。

■苦手な技術はサボっている技術
人は得意な技術を使ったり、練習したりするのは好きです。
逆に、苦手と感じている技術は、普段あんまりやっていないはずです。

苦手な技術があるなら、積極的に対戦で使ったり練習したりしましょう。
そのうち慣れます。

■対戦会の利用方法
対戦=練習試合、つまり総合練習です。
もし個別技術の練習がしたいなら、相手の人に協力してもらって
練習した方が効率がいいです。

また、対戦会は周りの人から新しい知識を得るチャンスです。
なんでも聞いたり、実演してもらったりしたらいいと思います。

■どうすれば上手くなるか考える
自分のことは自分が一番よく分かるはずです。

自分に何が足りないか、何を練習すべきか。
自分自身のコーチになったつもりで考えてみてください。


なんでもいいから強くなってください><

ニコニコに動画あげました

久しぶりに動画あげました。



新規さんが増える一助になれば嬉しい。
既にネタがないので、アイディアあればコメントお願いします!本当に!

アナザーエイジは、どんなミッションがあったか覚えてないので
そこから調べないと…

$ゲーム 2nd season 勝手に草案

関西に来たから無責任ですよー

■参加資格
・チーム戦含むAA大会優勝者
・関東在住

■進行形式
予選リーグで決勝進出者2名を決定
▼予選リーグ
参加者を2つのリーグに分け、1機制5本先取
▼決勝戦
各予選リーグ優勝者2名による3機制10本先取
▼その他ルール
対戦会で参加者同士が会ったら『絶対に』試合を行う


これでさくっと1ヶ月くらいで終わるんじゃないかと妄想中。
1st seasonの反省を踏まえて、確実に優勝者を決められる形式を考えてみました。
どんな形式にしろ僕も出たかったです…

これとは別にコンセプトマッチもどんどんやったらいいと思う!
やっぱりガチったら上手くなるから!関西でも何かやりたい。

RT上達のために(3)「2013年のRT」

2012年は春風さんフィーバーもあって、D1S1が最強だろう、
という認識をAA勢の大多数がもった1年だったと思います。

ではRTはどうかというと、僕はそれなりにいけるんじゃないかと思います。

■いけそうなRT
アイスエイジ
滞空系のEスナ回避+高い装甲で、現在の死なないRT筆頭。
対D1S1はギリギリ撃破可能ではあるが、AP勝ち狙いがメイン。
VATあたりまでは普通に撃破できる。
多分、RTの中で一番バランスのいい機体。

ミドルエイジ
アイスエイジの亜種。
こちらは対D1S1を強化した反面、Eスナ回避は少し難しくなっている。
とはいえ、硬くて火力があるので殺される前に殺すアセン。

コーラルスター
いつだって可能性があるアルティメット専用機。
キャラパワーというより、人パワーを最大に引き出すことができる。
強い人が使ったらめっちゃ強く見えるけど、逆もまた然り。

レインボーセラピー
苦手なキャラもそれなりにいるけど、色んなキャラと5分以上で戦える印象。
使ったことはあんまりないけど、多分みんなセラピーと戦うの嫌いじゃないかな?
軽チェインとリニアが鬼門?詳しい人教えて。あと12デコイはどうかと思う。

■現在のRTに必要なもの
ジオ軽と戦えるかどうか。これに尽きます。
上の4機は全部ジオ軽耐性があることが分かると思います。

重量機がルークばかりであれば、どんなRTを使ってもそれなりに
戦えるとは思いますが、ジオ軽(特に引きミサ)を考えると、上の4つ以外は
相当厳しいんじゃないかと思います。

■エイジ系で強いと思う動き(3段階で重要度を表示)
ここからは、アイスエイジ・ミドルエイジを前提に書きます。
多くは対重量機を意識して書いてます。

・蛇行OB(☆☆☆)
Eスナ回避動作を終始行いながら、相手の懐まで素早く入ることができる。
これで頭を取ってから、次の地上OB(余裕があれば空中OB)で追撃を仕掛ける。

・追撃の地上OB(☆☆☆)
①相手がこちらを見ていないなら、蛇行を入れず直進。
②相手がこちらを見ていて、且つ、浮いているなら普通の蛇行OB。
③相手がこちらを見ていて、且つ、地上もしくは低空にいるなら、
 普通の蛇行だとグレ等が怖いため、正面にいる時間が短くなるよう
 大きな蛇行でフェイントを入れつつ、側面を狙う。
 ENに余裕があるなら、相手の近くでちょっと浮くと安全。

・空中ジグザグ移動(☆☆☆)
多分、みんなやってるEスナ避けるあの動き。
距離が近い場合、OBより通常ブーストで相手の頭上を狙った方がOB熱とENの面でお得。
高さを確保できればライジングトルネードをするより効率的。

・空中ジグザグ移動(大)(☆☆)
ミサを警戒しながら頭上を狙う動き。
対空グレネードにも有効(←重要)。
常に左右どちらかに引きつける意識をもつことで
撃たれた瞬間に迷わず回避行動を取ることができる。

・地形から出るOBの発動時フェイント(☆)
地形からOBで飛び出す時は、Eスナ・グレなどを狙われやすいシチュ。
そんな時は、左右どちらかに一瞬だけ横OBを入れてから、蛇行OBを開始することで
OB際の被弾リスクを減らすことができます。

・小ジャンプのけぞり(☆☆☆)
ただ小ジャンプしても、Eスナは避けられません。
小ジャンプの頂点あたりで後ろキーを入れるとのけぞり効果で回避率が高まります。
微妙な位置関係になってしまった時などは、これで引いてお茶を濁しましょう。

・空中のけぞり(☆☆)
Eスナのタイミングを読んで、空中で後ろ方向にキーを入れる。
タイミングが合えば(そこまでシビアでもない)、高確率で回避可能。
ロックマーカーや相手との距離を目安にして、撃たれそうなら仕込む感じ。
Eスナだけじゃなくあらゆる射撃武器に有効なので、やばいと思ったらのけぞる。
のけぞり→少し前→のけぞり→少し前→…と複数回のけぞりを仕込みながら引くのも有効。

・ライジングトルネード(☆)
空中で水平方向にグルグル回りながら接近する。
高い頻度で空中のけぞりを仕込むことで、ジグザグよりも回避率を高めることができる。
最近はみんな撃っても当たらないことが分かっているので、ENの無駄になることが多い。
比較的低く飛びながら接近せざるを得ない場合は使う価値あり。

・離脱方向一点読み落下(☆☆)
相手の頭上を取った後に、地形等で離脱方向が読みやすいときに使う。
相手の離脱がはじまる前から、そちらの方向に斜めに落下しながらOBを炊くことで、
ENを節約しつつ追撃をすることができる。

・擬似後出しOB(☆☆)
対ジオ軽限定。
先にOBを炊いても、ルークのOBは低消費なので相手の余剰方向を見極めてから
追いかけることができる。比較的近い位置からOB合戦になるとやりやすい。

・頭上で機体向き合わせ(☆)
対タンク限定。
頭上を取った時に、ロックオンしながら旋回し相手と機体の向きを合わせることで、
111で熱を取りつつ、股くぐりでの離脱も阻止できる。一石二鳥!
真上だとサイティングがギリギリになって難しいので、やや後方に回るのが楽。

・中距離111(☆)
地形裏からの射撃などで、111を数発撃ってからOB突撃を仕掛けることで、
簡単に熱が取れ、肩武器を狙う時間を増やせます。
D1S1が油断してそうだったら、中距離から熱まで取ってイラっとさせよう!

・地形に乗ってからの空中OB(豆知識)
空中OBで相手を追撃する場合、近くに乗れる地形(アリーナの柱、
アビスのベロ、ハイウェイの道路など)があれば、利用してみよう!
着地OBしてもいいし、OB発動後に乗ってもいい。
一瞬でも地形に乗ると落下ベクトルが消えるので、滞空のためのENを節約できる。
かなり状況限定なので、覚えなくてもいいですw


他にも思いついたら書きますし、皆さんのやってる強い動き教えてください!
本当は強い動きを全部動画にしたら分かりやすいと思ったんですけど…需要があれば…
プロフィール

二等兵

Author:二等兵

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。